チョコレートな人々

3月27日(土)14:0015:25放送

番組内容

愛知県豊橋市に本店がある「久遠チョコレート」。世界のカカオを使った美味しいチョコと、おしゃれなデザインで人気だ。


今では、東名阪の百貨店の催事の常連となった。年間売り上げは10億円。北海道から九州まで工場と店舗は51拠点あり、全従業員約500人のうち、約300人は心や体に障がいがあるスタッフ(2021年3月現在)。2020年10月は神戸店、札幌店、豊田店、11月には小江戸川越店、12月は福岡直方店、大阪北新地店と出店ラッシュだ。最近はシングルマザー、不登校経験者など多様な人たちが働く場にも。

スタートは2003年、豊橋市の花園商店街で、当時26歳の夏目浩次氏と障がいのあるスタッフ3人らが立ち上げた小さなパン屋だった。

「障がいがあっても稼げる場所を作りたい」と様々な業種を立ち上げては失敗もしてきた。

7年前、トップショコラティエ野口和男氏との出会いからチョコブランドが誕生。
チョコは失敗しても作り直せる食材で、障がいのあるスタッフの作業にぴったり、夏目さんの人生にも重なる。優しい社会を目指す青年は、陽気な髭のおじさんに。山あり谷あり、この17年を紹介する。

キャスト・スタッフ

ナレーション 宮本信子
音楽 本多俊之
音楽プロデューサー 岡田こずえ
タイトルデザイン 中山篤史(東海テレビプロダクション)
車両 田上智、酒井良典
TK 河合舞(東海テレビ)
音声 横山勝(日本ビジュアル)
音響効果 久保田吉根、宿野祐(東海サウンド)
撮影 中根芳樹(東海テレビプロダクション)
編集 奥田繁(エキスプレス)
ディレクター 鈴木祐司(東海テレビプロダクション)
プロデューサー 阿武野勝彦(東海テレビ)