岐阜県立岐阜商業高校の教職員が15日、新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。県岐商では硬式野球部がこの夏、甲子園に代わる「交流試合」に出場することが決まっています。

 関係者によりますと15日、県立岐阜商業高校の教職員が新型コロナウイルスに感染したことが新たに確認されたということです。

 感染の判明で高校は、15日午後から臨時休校となり、校内の消毒作業が行われています。

 岐阜県は15日午後5時から記者会見し、詳細について説明する予定です。

 県立岐阜商業高校では硬式野球部が春のセンバツの代替大会として8月に甲子園球場で行われる「交流試合」に出場することが決まっています。
(最終更新:2020/07/15 17:16)