新型コロナウイルスの影響を受けている医療や介護の現場で働く人らが、愛知県に支援を求めて申し入れです。

 新型コロナの影響で医療機関や介護施設で働く人の負担は増える一方、患者や利用者の減少などで収益は悪化し、冬のボーナスの減額が決まるケースも増えています。

 このため、愛知県内の医療機関や介護施設で働く人で作る愛知医労連は5日、財政援助や介護報酬の引き上げ、また医療や介護の従事者らを対象にした定期的なPCR検査の実施などの支援を、県に申し入れました。

 また、東京都など5つの都府県では、新型コロナ患者などに対応した医療従事者に医療機関が支払う「危険手当」への補助制度があり、愛知医労連はこの制度も導入するよう求めています。
(最終更新:2020/11/05 18:51)