岐阜県では6日、16人に新型コロナウイルスの感染が確認されました。また岐阜市の芸能事務所で新たなクラスターが発生しました。

 感染が確認されたのは、10代から80代までの男女16人です。

 このうち岐阜市の芸能事務所「ハニカムプロモーション」では所属する10代から20代までの女性タレント10人と40代の男性社員2人、さらに女性タレントが訪問した会社の30代男性社員1人に感染が確認されました。

 ハニカムプロモーションでは、5日にも所属する10代の女性タレント1人に感染が確認されていました。

 ハニカムプロモーションでは、HPで感染した旨を報告したうえで、「多くの皆様にご心配とご迷惑をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます」としています。

 一連の感染者は14人となり、県と岐阜市は新たなクラスターと認定しました。

 県内の感染者の発表が10人を超えるのは2日連続で、これまでの感染者数は726人となりました。
(最終更新:2020/11/06 21:22)