名古屋市は、これまでに公表した新型コロナの新規の感染者数に誤りがあったと発表しました。

 誤りがあったのは、名古屋市が今年7月から8月にかけて公表した新型コロナの新規の感染者数で、公表漏れが58人分、二重計上が4人分あったということです。

 市は第2波で感染者数が急増した際、保健センターからの発生届のFAXが本庁に届かなかったりするなどしたことが、誤りの原因だとしています。

 感染者の情報は保健センターが把握しているため、療養の指示などに漏れはないということで、市は「正確な人数を伝えられておらず申し訳ありませんでした」としています。
(最終更新:2020/11/10 12:06)