三重県では24日、三重大学病院の医師を含む5人に新型コロナウイルスの感染が確認されました。

 感染が確認されたのは、津市や菰野町などに住む10代から50代の男女5人です。

 このうち津市の50代男性は三重大学病院の内科の医師で21日から発熱の症状が出てPCR検査を受け、23日に陽性が判明しました。現在は肺炎の症状があるということです。

 県によりますと、男性医師は外来患者の診察を担当していたほか、大学で講義も受け持っていたということで、県は発熱2日前から接触した外来患者など残り20人の検査を進めています。病院は消毒作業を終えていて診察は通常通り行っているということです。

 四日市市では市内の高校に通う男子生徒が、同居する父親が感染したため濃厚接触者として検査を受け、23日に陽性が確認されました。

 男子生徒は発熱直前まで登校していたため、同じクラスの濃厚接触者の生徒などを中心に学校関係者合わせて69人の検査を進めています。

 三重県の感染者数はこれで729人になりました。
(最終更新:2020/11/24 16:29)