新型コロナウイルスへの対応に感謝を込めて、JAグループ愛知が医療従事者に米や卵などを差し入れました。

 愛知県江南市の江南厚生病院など新型コロナに対応する8つの病院に16日、JAグループ愛知から米およそ8100人分や卵5トン、それにミニトマト1.2トンが贈られました。

 贈られた品には、新型コロナに対応する医療従事者への感謝や応援のメッセージが添えられています。

江南厚生病院の院長:
「温かいご支援をいただいて励みになって力になります。本当にありがたいと思っております」

JA愛知中央会の代表理事会長:
「病院の受け入れは大変厳しい状況だと聞いております。心より感謝を申し上げます。愛知県産の農畜産物で元気になっていただきたい」

(最終更新:2021/02/16 17:27)