新型コロナの感染拡大で国が「GoToキャンペーン」の見直しを検討する中、名古屋市の河村市長は、市内の観光地で使えるクーポン「シャチ割」の事業を継続する意向を示しました。

 河村市長は24日の会見で、市内の観光地で使える6000円分のクーポンを3000円で販売する「シャチ割」について、事業を継続する意向を示しました。

 一方で、国の「GoToトラベル」の対象から名古屋市が除外された場合は、継続が厳しくなるとの認識も示しました。

 また愛知県の大村知事は、GoToキャンペーンの見直しについて、「大阪や北海道とは感染状況が違う」とした上で、「国に方針を示してもらわないと対応はできない」として慎重な考えを示しました。
(最終更新:2020/11/24 12:07)