人物紹介

3月5日(火)更新

夕輝 壽太さん(杉浦 浩平役)

――5人の司法修習生の中で、他のメンバーと少しずつ近づきながら、それでも“ベッタリ”にはならない浩平。クールでスマートなのか、それとも不器用なのか。演じている夕輝さんの見解は?

『浩平のいろんな“色”を見せられるように』

 浩平は話が進むにつれて、周りの人とふれあうことで、最初に自分が想像していたキャラクターからだいぶ違う方向に動いてきています。浩平は最初、頑ななところがありましたけど、段々と個性が出てきて、今は彼の中のいろんな表情や“色”を見せることができているんじゃないか、と思っています。

 最初の段階では夏希さんを始め、修習生の仲間とどう接すればいいか、どんな距離感でいればいいかをすごく考えたんです。4人がすぐ親しくなる一方で、浩平は仲良くなり過ぎるのは良くないし、距離を取り続けるのも違う気がすると思っていそうで。近すぎず遠すぎずという感じですけど、そこは難しいですね。最近は香苗さんの家にも顔を出すようになって、最終的に浩平が仲間たちとどんな関係性を築くのか楽しみです。

 貞九朗に対する態度は…。いろいろと間違ってますよね。僕も最初、「浩平のほうが若くていいの!?」と思いました(笑)。貞九朗っておもしろくてどこか変だから(笑)、最初に会ったとき、「こいつとなら面白く過ごせるんじゃないか」って感じたんだと思います。要は貞九朗の優しさに甘えているんですよ。僕は貞九朗と会話するところで、浩平の生意気な部分が表現できる気がしています。

『神谷先生を尊敬することで気持ちに変化が』

 浩平は神谷先生の「どんなに相手が大きくても、法律が味方です」(第21話)というとても素敵なセリフを聞いたときから、完全に“神谷派”になっているし、あのセリフを聞いた後から、神谷先生を見る目に尊敬の念をにじませているつもりです。浩平が神谷先生の仕事の進め方に影響を受け、傾倒することで、司法修習生の中でモメ事が起きるような展開もおもしろいなと妄想してます(笑)。

 ここまでの展開を見ると、自分なりにいろいろ予想してきましたが予想をはるかに越えることばかり起きてきました。今後も僕が考え付かないようなことがいろいろ起きると思いますよ(笑)。神谷先生がみんなと一緒に「バー・サファリ」に行ったのも、僕の中では想定外の出来事でした。実は湯江さん、そのシーンで何度もおしぼりで手を拭くお芝居をされていたんです。憧れる人の真似をしたい、という気持ちの表れとして、僕もあの場面では何度もおしぼりで手を拭いてみました(笑)。

 今回、法律家の役を初めて演じていますが、弁護士にしても、裁判官にしても、検事にしても、日常でなかなか接することのない職業じゃないですか。法律家になるためには学生時代、相当な勉強をしなくちゃいけないだろうし、司法試験だって合格するのはすごく大変だろうし、受かってからも修習が待っているわけですよね。大変なことや苦労がずっと続くのに、そこまでして法律家を目指す方のお気持ちをいろいろと考えたんですけど、皆さん、正義感が人一倍強いのではないかな、と思っています。加えて、人がとても好きなんじゃないか、とも。どんなに苦労をしても人の役に立とう、と考えて頑張る皆さんはすごく素敵だと思います。

 浩平もやっぱり人が好き、というのは前提としてありますが、きっと子供の頃から何でも器用に出来た奴だと思うんです。さらに自分を高めたい、さらに難しいことに挑戦したい、という想いから法律家を目指すようになったのか、と思っています。プライドも高くて浩平は最初、「他の修習生には絶対負けない」という気持ちも強かったはずです。でも最初に話した通り、話が進むにつれ内面に変化が起きているわけですから、そこで一人の人間として浩平がどんな成長を遂げるのか、僕自身も楽しみなんです。

『撮影前の合宿にはビックリしました』

 昼ドラに本格的に挑戦するのは初めてですが、台本の厚さと1日に撮る量とスピード。今まで味わったことがないので、正直圧倒されています(笑)。でもマネジャーさんから「クランクアップしたとき、いろんなものを得ていると思う」と言われたし、自分でも相当鍛えられるだろうな、と思っています。でも僕はそんなに台本の覚えがいいほうではないんです…。だから台本をもらったら“缶詰め状態”でボリュームのある台本を読み込んでいます(笑)。これまでどの現場でも、そのとき自分に出来ることを精一杯頑張ってきたつもりですが、今回はさらに必死です(笑)。ドキドキ感がいつでもあるし、緊張感も常にあります。僕は一回集中力が切れると、再び同じテンションにもっていくのに時間がかかってしまうんです。そういった意味でもこの現場は勉強の場であり、勝負の場でもあるんです。

 実は今回、クランクイン前に修習生役のみんなと箱根に合宿に行きました。本読みして、食事して、カラオケもしたんですよ。親睦会的な意味もありましたが、連ドラの撮影に入る前、そんなことをするのは初めての経験で「昼ドラってこういうこともするんだ」と驚きました。でも後で確認したら、そうあることじゃないと知りました(笑)。

――最後に“モメ福”クエスチョン。夕輝さんが大切にしている言葉やモットーはありますか?

 「ハッピー」という言葉はよく使っています。年齢的に違う言葉のほうがいいかな、と思っているんですけど(笑)。でも基本、みんなと楽しく過ごしたいですから。あとは…。やっぱり「一期一会」でしょうか。昔から人と出会うのが好きだし、人との出会いで自分が変われることも好きなんです。

昼ドラ公式Twitter

  • (1970.01.01 09:00)
  • (1970.01.01 09:00)
  • (1970.01.01 09:00)
  • (1970.01.01 09:00)
  • (1970.01.01 09:00)

今回のモメごと

  • クランクアップ!
  • 星 由里子さん(椎名 春江役)

公式ブログ

 10代女性からのお悩み相談

 相談なのですが!!!! 私の父と母の夫婦喧嘩、数が日に日に増えていき今では物を投げるようになってしまいました。毎日が憂鬱なんですが、夫婦喧嘩はどうしたら無くなるのでしょうか?皆様のお力をお借りしたいです!!!! よろしくお願いいたします!!!!

S&K法律事務所とそれをとりまく人々

投稿メッセージ

  • 湯江 健幸さん(神谷 健一役)